社員の一日 An Employee’s Day

アカウントユニットスーパーバイザー 橋本 友孝
橋本 友孝

Start!

9:15 出社

出社をしたら、コーヒーを飲みながらPCを起動するのが日々の日課です。メールをチェックして、一日の業務をイメージしながら、コーヒーを飲むことで仕事のスイッチをオンにします。

毎朝の日課

10:00 社内スタッフミーティング

新規の得意先について、社内のマーケや制作のスタッフを召集して議論。得意先の課題やニーズ、どういった提案が得意先の心をくすぐるのか、アウトプットのイメージを描いてチームメンバーにオリエン。営業がどう進めたいのか、どういう想いを持っているのかが問われるので、こういったミーティングでの仕切りが、営業の醍醐味です。

得意先訪問

11:00 得意先訪問

得意先から相談の連絡があり訪問。実際に得意先の担当者と直接会う事で、電話では分からなかった細かいニュアンスや課題まで理解することが出来ます。必要に応じて、社内のスタッフも同行して、ディスカッションをして解決策を出したり、新しいアイディアを出すことで信頼関係を築き上げます。

12:30 昼食

赤坂にはランチ営業をしているお店がたくさんあります。中華や韓国料理のお店が多いですが、お気に入りは、魚料理です。なかなか魚を食べる機会が少ないので、刺身や焼き魚を食べられるのは凄く貴重です。飲み過ぎた次の日にも最適ですしね。

昼食

13:30 資材(パンフレット)作成
ミーティング

進めている製品パンフレットの入稿に向けて、制作や校正スタッフを招集して、あらためて誤りがないか再確認。得意先とイチから作り上げた大事な資材です。ミスは絶対に許されないので慎重に資料と突き合わせて確認することが大事です。

社内打ち合わせ

15:30 立ち話し

飲み物を買いに社内を歩いているとプロモーションスタッフと遭遇。雑談がてら得意先に提案したいと思っているアイディアについて相談したところ、話が盛り上がりMTGの約束をすることに。気がついたら、次のMTGの時間が迫っていて、急いで準備。

プレゼン準備

16:00 社内スタッフミーティング

得意先のメインビジュアル刷新の競合プレゼンに向け、博報堂のデザイナーをアサインして、候補案の絞り込み。得意先が訴求したいイメージをビジュアルに落とし込む作業は広告会社の醍醐味であり、腕の見せ所です。

資料作成

18:00 得意先訪問

少し遅い時間ですが、今進めているプロモーション施策の進捗状況を得意先担当者に報告。議論すべき事項があれば、その場でお互いに確認をして解決します。メールが主流の時代ですが、担当者と顔を合わせてコミュニケーションを取ることで、新たな仕事のきっかけとなるヒントや課題が見つけられたりもするので、貴重な時間です。今日は得意先でのMTGが30分で終わったので、家に帰って近くのジムで汗を流したいと思います!

Finish!

Back to Top